ブログ

その他

WEB制作チームってどんなことしてるの?

空港情報通信株式会社のWEB制作チームは、読んで字のごとく...WEBサイトを作っています!
WEBサイトを作ってるって具体的に何をしてるの?を紹介させていただきます。

3つの役割

AICSのWEBサイト制作チームには、ディレクター・デザイナー・コーダーの3つの役割があります。

ディレクターのお仕事

ディレクターはお客様との調整や、プロジェクトの進行管理、デザイナーやコーダー作業の進捗管理など、WEBサイトを作る作業の全体の管理者的役割をします。

WEBサイトを作りたい!とお声がかかれば、まずディレクターがお客様のところへお伺いし、ご要望や想いをお伺いします。

最初のお打ち合わせをもとに提案書やお見積りを提出し、お客様との調整を重ねてご契約となります。

契約が成立すると、またお客様とお打ち合わせを行い、WEBサイトの細かい構成を決めていきます。

その間、ディレクターはお客様の熱い想いをお伺いしている裏側で、コーダーやデザイナーとも打ち合わせを重ね、お客様の要望するWEBサイトをどのように実現するかを考えます。

さて、構成も決まった!サイトに掲載する要素も揃った!となれば、次はデザイナーの出番です。

デザイナーのお仕事

デザイナーは、一番聞き馴染みのある人でしょうか。
ご想像の通り、サイトのデザインをする人です。
デザインって「絵」的イメージが強いと思いますが、WEBデザインで重要なことは、「伝わる」ことです。
先日テレビを見ていたら、「デザインとは問題を解決すること」と言っている人がいました。
確かにそうかもしれません。今ある問題を解決するべく、デザインをしなくてはなりません。

WEBサイトに掲載する要素が、整理されていて伝わりやすく、さらに見た目の美しいものを作ります。

まずはTOPページ等主要なページのデザインを行いデザインの意味や役割をお客様へお伝えします。
お客様と何度か意見を交換しながら決定し、詳細なページのデザインへ進んでいきます。

デザインの工程は様々な意味を持ちながらも、やはりパッと見で伝わる内容ですので、お客様の一番楽しい時間かもしれないですね。

デザインができたらできあがり。じゃないんです。
デザインのできあがりは設計図ができた段階と同じで、まだWEBサイトの機能はありません。
ここからがコーダーのお仕事です。

コーダーのお仕事

WEBサイトって、実はHTMLなどのコンピュータが読み取れる言語でできているのです。
これらの言語で書かれたソースコード(source code)という文章のようなものを書くことを、コーディング(coding)と言います。
そしてソースコードを書く人をコーダーと言います。
デザインは設計図のようなものとかきましたが、それに合わせるとコーディングは大工さんが家を建てている段階で、コーダーは大工さんになります。

では実際にソースコードを見てみましょう。
このWEB制作チームのTOPページに絵がスライドしている部分がありますが、その部分はこんな風に書かれています。

<div class="mainimg_wrap">
<div class="mainimg">
<div class="js-slider">
<div><img src="http://webdesign.aics.jp/img/mainimg2.png" alt="" class="image-wide"></div>
<div><img src="http://webdesign.aics.jp/img/mainimg1.jpg" alt="" class="image-wide"></div>
</div></div></div>

このようなソースコードを書く事でみなさんの見ているWEBサイトが出来上がります。
デザイナーがデザインした設計図を実現すべく、ひたすらコードを打ち込んでWEBサイトにする。
それがコーダーの仕事です。

文字の色を変えたり、ボタンに機能をつけたり、マウスのポインタを置くと絵が変わったり、時に複雑な動きを指定されたり。
コーダーは頭をひねってひねって、コーディング作業を行っています。

実はお客様にもお願いしなくてはならないことがあるんです・・・

お客様にもお願いしなくてはならないことがあるんです。
それが文章や写真等の素材の準備です。
お客様自身で文章や写真を準備いただく事もありますし、プロのライターさんやカメラマンに取材をお願いする場合もあります。
ある程度の見出し文や文章量、使いたい写真や画像はデザインの前に決めなくてはなりませんので、ディレクターがお客様のお手伝いをしながらご予算や内容・規模によってご検討いただいています。


ディレクターが調整・企画し、
お客様に文章や写真の準備をお願いし、
デザイナーがデザインして、
コーダーがWEBサイトにすると、
最後に全員でサイトの動きは問題ないか、文章は間違えていないか等のサイトチェックを行います。最後にお客様にチェックをしていただき、WEBサイト完成!全世界に公開します!
(全世界に公開する!?ってどうゆうこと!?はまた後日ご案内したいと思います。)


他にしていること

WEBサイトを新規制作する他にも、既に公開しているサイトの更新や修正、画像の作成等も随時行っています。
会社概要に掲載している社員数が変わったので変更して下さい。から、イベントをやるので、イベントのページを作って等、数文字の修正からページの作成等、内容は様々です。
修正の作業も3つの役割は変わりません。
基本的にお客様の窓口になるのはディレクター。
サイトの更新作業を行うのはコーダー。
デザインも必要な場合には、コーダー作業の前にデザイナーがデザインを行います。

販促品のデザインなんかも実施することもあります。
この場合にはディレクターが受けて、デザイナーがデザインします。

他にはお客様からの問い合わせに答えること。
お問い合わせを多くいただいている内容については、このWEBinfoに掲載して、いつでも確認ができるようにしておきたいなと思います!


WEBサイトやデザインのことで困っていることや疑問がありましたら、
AICSWEB制作チームへお問い合わせください!

Pagetop