ブログ

技術

失敗しないための「要件定義」!

皆さまこんにちは!ディレクターの坂井です。

さて今回はWEB制作工程において、とっても大切な「要件定義(ようけんていぎ)」についてお話ししたいと思います。

皆さまWEBサイト制作において「要件定義」を重要項目として認識して制作していますか?

「ようけんていぎって、あれだよね、お客の希望とか要望とか聞くとかの、、あれね。いつものだよね。」
などと曖昧に感じている方は必読です!

「要件定義」とは何か?

要件定義とは、システムやソフトウェアの開発において、やりたいことや機能、実現することしないことを明確にしていく作業のことです。

  • どのようなサイト構成にしたいか?
  • どのようなデザインにしたいか?
  • どんな運用をしたいか?
など。

我々が上記のような内容を聞きに行っても、お客様はWEBサイトのイメージを明確に持たれていない場合が多くありますし、そもそも、サイトの目的すらハッキリしていない場合もあります。

このような状況で、制作をスタートするのは、とても危険です。

最初はあまり要望がなかったけど、進めているうちにどんどんイメージが湧いて、こんなことしたい、あんなことしたい!という要望が出るかもしれません。

「あ、そうだ!CMSを導入したい!」

こんな要望が制作も終盤という時に出てきたら、目もあてられません。

このように、WEBサイト制作において、最初に決定する要件定義が重要であると同時に、一番難しい部分でもあります。

どんなサイトにしたいか、お客様と制作前に作り上げるのが「要件定義」なのです。

sakai_0623_1.png

「要件定義」の目的

要件定義は、以下を目的として作成します。

  • トラブルを避けるため。(言った言わないでモメないように)
  • できること、できないことを明確にするため。(できないこともあるんです)
  • 迷った時に立ち戻るための基本となるもの。(原点となるように)
sakai_0623_2.png

「要件定義」の内容

  • コンテンツ(内容)に関しての要望
  • 外観(デザイン・色・レイアウト)に関しての要望
  • 機能に関しての要望
  • お問い合わせのフォームは必要?
  • SSLの有無は?
  • スマートフォンの対応は必須?
  • CMSの導入は?
  • 外部連携に関しての要望
  • スケジュール(納期)
  • 予算

など。

プロジェクトによっても変わりますが、最終的には画面デザイン、サイトフロー、機能一覧、仕様書、スケジュールといった必要なものをまとめた形がアウトプットとなります。
また、契約前に行う要件定義と、契約後に行う要件定義などもあります。

「要件定義」の進め方

要件定義を作成する方法は色々とありますが、弊社では、以下のように要件定義の工程を分けています。

sakai_0623_3.png

1.情報収集

あらゆる情報を収集します。
お客様とのヒアリングや、ユーザーからのアンケート、システム担当やネットワーク担当からの意見、書籍、WEBなど、あらゆる手段を用いてサイトのニーズを集めます。

2.整理分析
収集した情報を整理分析し、まとめていきます。
図やテキストに起こしながら整理すると良いです。

3.文書化(提案書)
実際に提案書の作成をしますが、作成していくうちに自分の世界に入って周りが見えなくなることがありますので、前提条件(なぜサイトを作るんだっけ?)を思い出しながら作成しましょう。

4.レビュー
レビューは、内容(誤字・脱字)のチェックだけでなく、専門用語を多用しすぎて分かりづらくなっていないか、根拠はしっかりしているか、誤解を与えてしまう表現がないか、などをチェックします。

また、場合によっては上記を複数回繰り返し行うこともあります。

情報を収集する際に用意しているもの

お客様とのヒアリングをするときに、ヒアリングシートなるものを予め作っておくと便利です。

ヒアリングシートに沿って話を進めたり、質問内容を確認したりできます。

しかし、お客様もWEBサイト制作に関しては、わからない事だらけだと思いますし、ヒアリング中にすべての内容が聞ける訳ではないので、最終的な項目漏れなどをなくす程度の目的で良いかと思います。

sakai_0623_4.png

最近ではUX(ユーザーエクスペリエンス)なる考え方が主流になってきています。
UXとはユーザーがWEBを通してどのような体験をするか、その経験でどのぐらいの満足してもらえるか、という考えです。
詳しくは別の機会にまとめたいと思いますが、UXの考え方を要件定義でも取り入れると、より内容の深い要件定義ができるのではないかと思います。

最後に

こうは言っても、WEBの世界、
お客様の要望も結構変わりやすいのも事実です。

反対に、制作側では技術的に制作コストが思ったよりかかってしまった!何て事も。

でも、何かあった時の責任の所在がどこにあるかを判断出来たり、目標にもなりますので、面倒がらずに作りましょうね!

あ、制作する側の方は要件定義の工数も見積りにしっかり含んでください。

もし要件定義のことで、なにか質問などありましたら、AICSまでお問い合わせください。

sakai_0623_5.png

Pagetop