ブログ

ニュース

Google Maps APIの仕様変更について

ニュースのカテゴリに入れるには少し前の話で恐縮ですが、
2016年6月22日からGoogle Maps APIを新しく利用する際には、APIキーが必須になりました。

どんな内容なの?

今回の変更がどのようなものかというと、新規サイトでAPIキーを取得せずにGoogleマップを設置すると、地図ではなく下図のようなエラー画面が表示されます。

Googleマップのエラー

以前からGoogle Maps API(Javascript Maps API v3)の利用にはAPIキーが必要でしたが、APIキー無しでも地図は表示されていました。

そういった利用に対してのルールがより厳密になったということです。

今使っているGoogleマップはどうなるの?

2016年6月22日より前に作られたサイトに設置されているGoogleマップについては影響がないとのことですので、そのまま継続しての利用が可能です。

しかし、今後の仕様変更で同じような措置がされる可能性もなくはありません。

変更の詳細については、下記のリンクからご確認ください。

APIキーはどこで取得するの?

Google Maps APIの利用にあたって、APIキーが必要だということは先述しました。
APIキーは、こちらから取得することができます。

なお、Googleマップの埋め込み機能を利用している場合、APIキーの取得は不要です。

Googleマップ利用上の制限について

今回の変更とは別の注意点として、Googleマップにはいくつか利用上の制限があります。

どんな制限があるの?

例えば、基本的に無料で利用できるスタンダードプランの場合、Googleマップが1日に25,000回以上読み込まれると、以降1,000回の読み込み毎に$0.5の課金がされます。

アクセス数がこれに満たないWebサイトであれば問題がないかといえばそうではなく、何らかの事由でアクセス数が急増した場合など超過分の請求が発生する可能性があります。

プランや価格の詳細については、こちらにてご確認ください。

今後の対応について

アクセスマップなどで地図の表示にGoogleマップを利用している場合、今後その方法を見直す必要があるかもしれません。

Googleマップの利用やAPIキーの取得方法など、なにかご質問などありましたら、お気軽にAICSまでお問い合わせください。

Pagetop